マウスウェアの学術研究資料「Compendium」


米国にて発表されているマウスウェアに関する研究論文の翻訳版が完成しました。
「Compendium of Continuing Education in Dentistry(通称 CCED) July/August 2009-Vol 30 Special Issue2」という2009年に刊行された月刊誌の特別編集号です。
同誌は、米国で29年にわたり隔月で12万部発行されている専門誌です。米国の歯科開業医数は約17万件とされています。この特別編集号は「The Future of Athletic Performance」というテーマで全5編の論文から構成されており、、マウスピース/マウスガードに関する編集を特集しています。
翻訳に関しては、我国のみならず世界的にも著名な「SJCD インターナショナル」会長であり、「原宿デンタルオフィス」院長の山﨑長朗先生に監修をしていただきました。山﨑先生からは、本論文に研究内容は、臨床家の先生方に、マウスウェアの装着に効果や身体への好影響が科学的な裏付けをもとに、より深いご理解いただけるのでないかとのお言葉を頂戴しております。
歯科医療関係者のみなさま
この学術研究資料は、国内の歯科医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士、その他医療関係者等)を対象に、マウスウェア関する情報を提供しています。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。
あなたは歯科医療関係者ですか?