ロイテリ菌とは?

身体の地力を底上げして
健康長寿をサポートしてくれる“スーパー乳酸菌”です

ロイテリ菌は、母乳に含まれる善玉菌で、数多くのプロバイオティクス(有益性が科学的に証明されている生きた微生物)のなかでも優れた効果とエビデンスが確認されています。 体内の細菌バランスを整え、免疫システムの強化、病原菌の駆除、腸を丈夫にするなどさまざまな役割を担っています。

ロイテリ菌とは?

身体の地力を底上げして
健康長寿をサポートしてくれる
“スーパー乳酸菌”です

ロイテリ菌は、母乳に含まれる善玉菌で、数多くのプロバイオティクス(有益性が科学的に証明されている生きた微生物)のなかでも優れた効果とエビデンスが確認されています。 体内の細菌バランスを整え、免疫システムの強化、病原菌の駆除、腸を丈夫にするなどさまざまな役割を担っています。

ロイテリ菌3つの特徴

ロイテリ菌3つの特徴

Point1
ヒト由来の乳酸菌

母乳に含まれるヒト由来の善玉菌で、数多くのプロバイオティクス(有益性が科学的に証明されている生きた微生物)のなかでも優れた効果とエビデンスが確認されています。 体内の細菌バランスを整え、免疫システムの強化、病原菌の駆除、腸を丈夫にするなどさまざまな役割を担っています。また、ヒト由来なので副作用の心配もありません。

Point2
悪玉菌を抑制し、体内菌の
バランスを整える

「天然の抗生物質」とも呼ばれるロイテリ菌は、体内の悪玉菌だけに反応して攻撃します。それによって善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、体内錠剤菌が理想的な状態になるようにサポートしてくれます。

Point3
世界各国で証明された
信頼性と安全性

ヨーロッパを代表する研究機関である、スウェーデンの「カロリンスカ医科大学」で170以上の研究が行われており、100件を超える論文が発表されています。もっとも優れたプロバイオティクスとしても認められておりスウェーデンの大学附属病院・民間病院の3分の1でロイテリ菌が導入されています。

Point1
ヒト由来の乳酸菌

母乳に含まれるヒト由来の善玉菌で、数多くのプロバイオティクス(有益性が科学的に証明されている生きた微生物)のなかでも優れた効果とエビデンスが確認されています。 体内の細菌バランスを整え、免疫システムの強化、病原菌の駆除、腸を丈夫にするなどさまざまな役割を担っています。また、ヒト由来なので副作用の心配もありません。

Point2
悪玉菌を抑制し、体内菌のバランスを整える

「天然の抗生物質」とも呼ばれるロイテリ菌は、体内の悪玉菌だけに反応して攻撃します。それによって善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、体内錠剤菌が理想的な状態になるようにサポートしてくれます。

Point3
世界各国で証明された信頼性と安全性

ヨーロッパを代表する研究機関である、スウェーデンの「カロリンスカ医科大学」で170以上の研究が行われており、100件を超える論文が発表されています。もっとも優れたプロバイオティクスとしても認められておりスウェーデンの大学附属病院・民間病院の3分の1でロイテリ菌が導入されています。

「バクテリアセラピー」(学術名: Bacterio-therapy)とは、体内菌のバランスを整えることで病気の治療や予防を行うという医療技術です。スウェーデンのバイオガイア社によって臨床実用化が進められ、日本でも歯科分野を中心に善玉菌を利用して体内に常在する菌の質やバランスを改善することで、疾病の予防や治療に役立てることをめざして、研究と臨床への応用がすすめられています。

「バクテリアセラピー」(学術名: Bacterio-therapy)とは、体内菌のバランスを整えることで病気の治療や予防を行うという医療技術です。スウェーデンのバイオガイア社によって臨床実用化が進められ、日本でも歯科分野を中心に善玉菌を利用して体内に常在する菌の質やバランスを改善することで、疾病の予防や治療に役立てることをめざして、研究と臨床への応用がすすめられています。

取扱い製品一覧

取扱い製品一覧

よくあるご質問

よくあるご質問

乳タンパクアレルギーを持っている場合、使用しても大丈夫なのでしょうか?

弊社のL. reuteri® ロイテリ菌含有商品は乳由来の原料を一切含んでおりませんので、安心してご使用いただけます。

ロイテリ菌(L. reuteri® )をとることで、何か副作用はありますか?

副作用はございませんので、安心してご使用いただけます。
健康的な乳児(未熟児含む)、幼児、成人、高齢者、HIV陽性と診断された成人で治験してみても、ロイテリ菌製品を通常の分量よりも多く服用し過ぎた場合でも、副作用の兆候は見られず、安全が確認されています。

商品を食べるタイミングは?

基本的に、いつ召し上がっていただいても問題ございません。継続して続けていただくことが重要となります。
口腔内環境を良好に保つための効果的な食べるタイミングですと、食後の歯磨き後を推奨しております。歯磨きやマウスウォッシュ、歯科クリーニングなどで悪玉菌を減らした後に善玉菌を補充していくことで、悪玉菌の居場所を失くすことが大切です。