【内田 千秋 先生】コロナ禍において、自院を守るために

医療法人社団 七海会 理事長
あおぞらクリニック 院長
株式会社 抗加齢医学研究所 会長

内田 千秋 先生

新型コロナウイルスの感染者が全国で増大している現在、日々、歯科医療の最前線で活躍されている先生は、「プロとして感染には十分気を付けているものの、見えない不安はある」「PCR検査はいいが、感染者が出たら診療できなくなるのでは?」というご心配があるのではないでしょうか。
感染者が出た場合の「しかるべき処置」とは、必ずしも休診ではありません。
自院でいつでもPCR検査ができることは、先生ご自身と大切なスタッフさんを守ることはもちろん、クリニックの経営を守ることにもつながります。
自院でPCRを行うメリットや、検査の種類と内容、結果が出るまでと出てからの流れを、都内でウイルス検査30万件の実績を持つクリニックを運営する内田先生が具体的にわかりやすく解説します。