【第58回春季日本歯周病学会】吉野敏明先生が臨床研究を発表

5月15日・16日に幕張メッセにて開催された「第58回春季日本歯周病学会学術大会」にて、医療法人社団誠敬会 誠敬会クリニック 理事長 吉野敏明先生が論文を発表し、ポスターセッション、ランチョンセミナーにてその研究成果を発表いたしました。
今回の研究では、バイオガイア社の「プロデンティス」が予防だけではなく、治療にも有効だということを示す、極めて重要な研究成果です。
「プロデンティス」は、口腔内でミュータンス菌の抑制に効果があることや、SRPと併用することによる歯周組織の改善が報告されていますが、今回はSRPを併用しない場合の歯周病原性細菌と歯周組織に及ぼす影響を検討しました。
今回の研究では、36名の健康な30-50代の男女を対象に、プロデンティスを3週間にわたり摂取し、歯周組織検査、歯周ポケットの解析、唾液サンプリングなどを行いました。プロデンティス摂取により、歯周ポケットの改善、歯肉の炎症の減少が認められたこと、また歯周病原性細菌数の有意な減少が認められたことなどが発表されました。
第58回春季日本歯周病学会学術大会のHPはこちら




ランチョンセミナー概要


「歯周治療に置けるプロバイオティクスを用いたバクテリアセラピー」


?細菌検査に基づくバクテリアセラピーのエビデンスとコンセプト?



日時:5月16日(土)11:30?12:20
会場:幕張メッセ・国際会議場 A会場(コンベンションホール)
演者:医療法人社団誠敬会 誠敬会クリニック 理事長 吉野敏明
略歴
1983年 岡山大学卒業、東京医科歯科大学歯学部歯科保存学第二講座(歯周治療学)
1999年 日本歯周病学会 歯周病認定医(現専門医)
2002年 AAP(アメリカ歯周病学会)International Member
2003年 日本臨床歯周病学会 理事
2004年 日本臨床歯周病学会 指導医
2006年 吉野歯科診療所 歯周病インプラントセンター開設
2007年 AO  Active Member
2008年 日本歯周病学会指導医 日本レーザー歯学会 優秀研究発表賞 受賞
2010年 歯学博士取得(東京医科歯科大学)
2011年 Osseointegration Japan 最優秀発表賞 受賞、日本歯周病学会評議員
2012年 ぺリオウェイブ臨床研究会代表
2013年 11th International Symposium on Periodontics & Restorative Dentistry Poster session 2nd Award 受賞
2014年 著作「口元美人化計画」Amazon美容部門日本一取得
誠敬会クリニック内科 整形外科 精神科 歯科開設
医療法人十字会 松見病院 理事長
他役職等:Ⅰ型糖尿病歯周病治療受け入れ機関指定医、新潟大学歯学部非常勤講師、昭和大学兼任講師