【(終了)11月23日 京滋】デジタルソリューションを活用した正確で効率的な最新テクニック

エンド実習セミナー

デジタルソリューションを活用した正確で効率的な最新テクニック


近年の歯内療法分野は目覚ましい発展を遂げています。マイクロスコープ、CBCT、Ni-Ti Rotary File、の登場は歯内療法の臨床の幅を広げました。従来の根管治療は手指感覚に頼る部分が大半で、治療成果は個人の技量や経験年数など不確定要素に左右されがちでしたが、マイクロスコープで根管の中を覗くと気づいていなかった未処置の根管や取り残しのガッタパーチャなどが次々と視界に飛び込んできます。見えることの安心感、根管治療をする上でモチベーションが俄然上がってくることは間違いありません。
マイクロスコープだけでなく、根管形成に変革を起こしたNiTiファイルは、さらに発展し1本のファイルで根管形成終了を実現しました。また、このNiTiファイルWaveOne® Goldは、Goldワイヤー(NiTiファイルの熱処理工程を変化させ、破折抵抗性を向上)と往復運動機能エンジンの開発によって極めて正確で迅速な根管形成を可能にしました。
本セミナーでは、演者が日常行っているミラーテクニックをご紹介し、NiTiロータリーファイルを用いた湾曲根管の拡大形成、専用ガッタパーチャを用いた根管充填をご体験いただき、明日からの臨床にお役立ていただきたいと思います。


【講義内容】
・CTを使ったエンド治療の活用法
・マイクロスコープを使用したエンド治療
・Nitiファイルによる根管形成
・CADCAM歯冠修復

【デモ内容】
・プラスチック根管模型における形成

【実習内容】
プラスチック模型と抜去歯牙を用いた形成 ・ウェーブ・ワン ゴールド


講師紹介


中山 大蔵 先生
ご略歴
1997年 東京医科歯科大学卒業
同年  歯科保存学第三講座(現歯髄生物学分野)に入局
2003年 中山歯科医院勤務
2010年 中山歯科医院院長
現在にいたる

所属学会
・日本臨床歯内療法学会
・米国歯内療法学会AAE
・日本顕微鏡歯科学会認定医
・米国顕微鏡歯科学会AMED
・日本臨床歯科医学会北陸支部長


開催概要

 

日時:2018年11月23日(金) 13:00〜16:00

会場:コラボしが21 〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2−1

定員:20名

参加費:10,000円(消費税込)

早期割引:5,000円(消費税込)※11月9日までのお申込み

主催:株式会社ADI.G

共催:デンツプライシロナ株式会社 白水貿易株式会社

*当日は抜去歯牙をお持ち下さい。ほか準備品は後日ご連絡いたします。

お問合せは、ADI.G営業担当または京滋支店まで(TEL: 077-552-7031)