【5月11日】「生物学コンセプトに基づいた根管治療」にご参加ありがとうございました

セミナーは終了いたしました。
ご参加いただいた皆様には心より感謝申し上げます。

近年、歯内療法における治療周辺機器は目覚ましい進歩を遂げました。、NiTiロータリーファイル、マイクロスコープ、各種エンド用超音波チップ、CBCTなどを用いることで、非常に効率的に根管治療を行うことができるようになりました。
しかし、現在の歯内療法の高い成功率は最新の歯内療法周辺機器を用いるだけでは得ることができません。歯内療法の生物学的なコンセプトと最新の歯内療法周辺機器があって、初めて”高い成功率”が得られるのです。
そこで今回、歯内療法における生物学的なコンセプト基づいた再診の歯内療法周辺機器の効率的かつ効果的な使用法のハンズオンセミナーを行います。

【講師紹介】




神戸 良 先生
2004年
昭和大学歯学部卒業
2012年
Penn Endo Program in Japan 終了
米国ペンシルベニア大学歯内療法学教室 マイクロサージェリーコース修了
2013年
京都市にて歯内療法専門委員「良デンタルクリニック」開院
日本歯内療法学会
アメリカ歯内療法学会(American Association of Endodontics)
Penn Endo Study Club in Japan

【講義内容】



・アクセス窩洞の実際
・「BioRaCe」を用いた根管形成(通常根管、太い根管、彎曲根管)
・根管洗浄

【実習内容】



・「BioRaCe」を用いた透明ブロック根管の形成
・抜去歯(小臼歯、大臼歯)を使用した超音波によるストレートラインアクセス形成から「BioRaCe」を用いた根管形成
・超音波による根管洗浄

【持参品】



・アクセス済みの抜去歯(小臼歯、臼歯各2~3本、ただし第3大臼歯は不可)
・エンドケージ ・#10と#15の間の中間ファイル(Kファイル)
・ピンセットとエキスプローラー
・白衣及び筆記用具

【開催概要】



日時:2014年5月11日(日) 10:00?17:00
会場:ADI|株式会社浅野歯科産業| 本社3F  金沢市浅野本町1-10-10
参加費:50,000(昼食・消費税込)
定員:10名
お申込み、お問合せは、弊社営業マンまたはADI|浅野歯科産業|TEL:076-251-0115 までお願いいたします。