Digital Dentistry

Digital Dentistryが歯科医療を変える

digital流れ3(W800 )


デジタル技術は世界のあらゆる分野で進化、発展し、歯科界においても避けては通れない領域となりました。



コンピューターの普及により、患者の高齢化や多様な要求に対応するための新材料の開発や設備機器の技術革新などが行われ、歯科治療は大きな変革期を迎えました。そして、コンピューター支援による歯科治療(デジタルデンティストリー)は、より安全・安心な歯科医療を国民に提供出来るようになりました。



デジタルデンティストリーにより歯科医師サイドでは、診査・診断の確定や治療効果の予測や評価をより安全性の高い見地から予測する事が可能となり、患者様とのコミニケーションの円滑化も図られました。歯科技工士サイドでは、データ情報や機器性能向上による技工物の精度、生産性の向上、作業環境の改善など多くの利点が生まれました。



デジタルデンティストリーの重要性が叫ばれる今、デジタルレントゲン、CT、CAD/CAMなどの普及や技術革新はまだまだ上昇の一途を辿っています。
それはデジタル化により、患者様をはじめ、歯科医師や歯科技工士の皆様、歯科医療に関わる全ての方々が、時間や精度、コスト、環境などあらゆる面で恩恵を享受できる様になったからに他なりません。



デジタルデンティストリーの現状と未来図を知り、これからの歯科医療の方向性を皆様自身の目で確かめてみませんか。