【11月26日 金沢】正確で効率的な根管形成の最新テクニック

正確で効率的な根管形成を達成するための最新テクニック

”ウェーブ・ワン・ゴールド”実習セミナー

 

根管の拡大・形成において、レッジやトランスポーテーションを避けることが重要です。
しかし、ほとんどの根管は湾曲しており、かつ根管壁の象牙質はメタルに比べると軟らかいため、根管内でファイルを操作すると、まっすぐな状態で食い込んでしまい、レッジやトランスポーテーションが生じます。
これを防ぐためには、グライドパスの形成やニッケルチタンファイルの使用が有効とされています。
今回は、反復回転(レシプロケーション)の動きにより、シングルファイルテクニックで根管形成が可能なウェーブ・ワン・ゴールド、さらにニッケルチタンファイルで根管拡大を行う前に必要なグライドパスが容易に形成できるプログライダーなどを紹介いたします。
抜髄を含む Initial Treatment において、はじめて根管に器具を挿入する術者の責任は重大であり、根管の湾曲を理解した歯内療法が必須です。
感染を制御した上での根管の正確な拡大・形成・充填、これらを効率よく、かつ確実に達成する方法を体得しましょう。

 


 

内容

 

【講義】
■ NiTiファイル概論
■ シングルファイルテクニック
■ ウェーブ・ワン・ゴールドについて
■ プロルートMTAについて

 

【デモ】
■ プラスチック根管模型における形成

 

【実習】
プラスチック模型と抜去歯牙を用いた形成
■ プログライダー
■ ウェーブ・ワン・ゴールド

 


 

講師

 

木ノ本喜史先生

 

木ノ本 喜史 先生

 

医療法人豊永会 きのもと歯科 院長(大阪府吹田市)
大阪大学大学院歯学研究科臨床教授

昭和62年3月 大阪大学歯学部卒業
平成4年3月 大阪大学大学院歯学研究科修了 博士(歯学)
平成9年11月 米国テキサス大学サンアントニオ校歯学部客員研究員
平成13年4月 大阪大学歯学部付属病院講師
平成21年4月 大阪大学歯学部臨床教授
平成25、26年度 日本歯科医師会生涯研修セミナー講師
平成28年1月 (一社)日本歯内療法学会副理事長
平成28年4月 広島大学歯学部非常勤講師

 


 

開催概要

 

日時:2017年 11月26日(日)12:00〜16:00(予定)

会場:株式会社ADI.G 金沢支店 石川県金沢市浅野本町1-10-10

定員:15名

参加費:30,000円(税込)

※当日は抜去歯牙をお持ちください。ほか準備品は後日ご連絡いたします。

 

主催:株式会社ADI.G
共済:デンツプライシロナ株式会社
お問合せ ADI.G金沢支店 076-251-0115

 


 

こちらのフォームよりお申込みください。

お名前 (必須)

お名前

勤務先名 (必須)

ご住所(必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

【下記のアンケートにご協力ください】

現在ご使用のNiTiファイルをご選択ください(複数選択可)
ウェーブワンプロテーパーGTプロファイルK3TFRaceエンドウェーブタックエンドファイルその他未使用

■現在ご使用のエンド用モーターをご記入ください
メーカー名

製品名

■現在ご使用のハンドファイルをご記入ください
メーカー名

1日の使用本数

入力内容をご確認のうえ、チェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。