【8月6日 福井(終了)】CAD/CAMセミナー

昨今飛躍的な技術革新により進化をし続けるCADCAMに焦点を絞り、その導入メリットや利便性などをお客様にお伝えすべく「CAD/CAMセミナー」を開催いたします。

 


 

メインセミナー

光学印象を用いた医院活用法、デジタル印象による今後の行方

 

①導入によって日常の診療がどのように変わったのか
②セレックの失敗例、どのようにリカバリーしたか
③症例紹介

 

CEREC修復を成功させるにはシステムの取り扱いに長ける、形成・接着の理解が不可欠です。
それ以外にシステム導入後のお悩みの多くは、考えていたより本数が増えない、どのように活用していけばいいのかわからないとお悩みの声をお聞きします。
これまで以上に本数向上をお考えの方、疑問をお持ちの方、ぜひ本セミナーにご参加ください。
CERECをいかに最大限に活用しているのかについて、惜しみなくお話しいただきます。
この機会にご参加いただき、CEREC の更なる活用にお役立てください。

 

下田徹先生

 

講師 下田 徹先生 (オパールデンタルクリニック院長)

 

1995年 鹿児島大学歯学部卒業
鹿児島大学歯学部第一口腔外科 入局
1999年 鹿児島大学歯学部付属病院
歯科麻酔科 文部科科学教官助手
2000年 国立療養所星塚敬愛園 歯科
厚生労働技官歯科医長
2006年 オパールデンタルクリニック開院
ノーベルバイオケア公認インストラクター
福岡SJCD理事
OJ正会員

 

時間 13:00~14:30
定員 80名
受講費 無料

 


 

サブセミナー

歯科業界におけるデジタル技術の導入

近年の歯科業界へのデジタル技術の導入は目覚ましいものがあります。
2014年小臼歯部に対するCAD/CAMレジン冠への保険適用が始まりました。
CAD/CAMでしか作れないマテリアルも数多く開発されています。
CAD/CAM自体も高性能、低価格化が進み世界的にもデジタル技術の普及は止まることはないと思われます。
日々進化するデジタルの流れを上手く取り入れ、先生方とともに、より良い技工物を患者様に提供すること、作業効率の向上など、これからの歯科技工のスタイルを提案させていただきます。

 

奥村靖廣氏(クルツァー)

 

講師 奥村 靖廣氏 (クルツァージャパン株式会社)

 

1988年 東邦歯科技工専門学校 卒業
1993年 National Ceramic Lab(米国)入社
2010年 Dental Laboratory gr8 設立
2014年 ヘレウスクルツァージャパン入社(現クルツァージャパン)
スタディグループ「s.t.u.d.y.52」メンバー

 

時間 10:00~11:00
定員 50名
受講費 無料

 


 

開催概要

 

日時:8月5日(日) 10:00~17:00
会場:福井県商工会議所
918-8580 福井県福井市西木田2-8-1 0776-33-8251